読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と体を整えて、わんこと一緒に幸せになるヒント

「わんこの幸せ=飼い主の幸せ」すべてのわんこと飼い主さんが幸せになるきっかけ作りを発信。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

お家でつくるごはんは家族の健康を想い、愛情を伝えるもの

日々徒然 日々徒然-わんこの幸せに想う

ようやく入手して、数日前から『一汁一菜でよいという提案』(土井善晴・著)を読んでいます。
まだ4分の1ほど読み進めたところなのだけど、わんこのごはんも一緒だなあ…と思う部分がすでにいくつも。

 

一汁一菜でよいという提案

 

家庭料理は、毎日食べるもの。
豪華なハレの料理ではなくて、淡々と飽きずに食べられて、簡単なものでいい。

 

そこで、土井さんが推奨しているのが、炊いたごはんと具沢山のお味噌汁。
余裕があれば、ちょっと魚を焼いたりすればいい。

 

この具沢山のお味噌汁と炊いたごはん、ってそのままわんこのごはんにもあてはまる。
人よりもわんこの方が肉食よりだから、プラスしてお魚やお肉があった方がいいかなとは思うけど、基本はそれでも十分。

 

そう思ったら、ちょっとだけわんこのごはんを作るハードルが下がらないかな?
具沢山のお味噌汁なら、お鍋ひとつ、まな板と包丁があったら作れちゃう。
根菜がなければ、包丁の代わりにキッチンバサミでもできちゃう。

 

本や雑誌、お店で出てくるような見栄えのいい、手間暇かけた凝ったメニューじゃなくていいんです。
飼い主さんが愛情を伝えるために作ってくれたごはんなら、わんこはそれだけ嬉しいもの。

 

我が家の蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)もことあるごとに、毎日のごはんを「いいでしょー♪」と自慢しています(笑)
誰に?というのは、こちらの記事で触れています➡︎思慮深さと芯の強さ、大らかさとめげない強さ。我がコのオリジナル曼荼羅

 

f:id:bande:20170328220937j:plain

 

わたしはお料理が得意なわけではないので、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の毎日のごはんはホントに具沢山スープに炊いたごはんが入ったもの。
それでも、旬の食材をなるべく取り入れて、1ヶ月、半年スパンでバランスを見ながら作るだけで、2頭は喜んで食べてくれます。

 

そして、その食べっぷりをみて、わたしが幸せな気持ちになる。
今日も喜んで食べてくれたなー、おいしいって食べてくれたなー、って。

 

それって、幸せの循環で愛情の循環だと思うのね。
この活動をしよう、と思った時から、「今日もごはんおいしかったね」ってコミュニケーションをとる時間を増えるといいなと思っていて、それは人とわんこだからではなくて、家族だからなんだな、と土井さんの本を読んで改めて認識をしたのです。

思慮深さと芯の強さ、大らかさとめげない強さ。我がコのオリジナル曼荼羅

日々徒然 日々徒然-琴線・感性に触れる

先日、オーダーしていた「ペットの糸かけ曼荼羅」が届きました♪
作ってくださったのは、ねろたんさんの受講生さんの一人・まりんさん。

 

まりんさんは、対象のエネルギーを色で捉えるそうで、ひとつひとつその捉えた色を使ってオリジナルの糸かけ曼荼羅を作ってくださいます。

 

f:id:bande:20170324215355p:plain

 

告知記事を見た時に、人ももちろんなのだけど、ペットもOKというのをみて「欲しい!」と思ったわたし(笑)
4月は真赭(ますほ)のお誕生日でもあるので、それに間に合うように〜とお願いしました。
…ら、思っていた以上に早く作ってくださいました。
お誕生日が近いと前に言ったのを気にしてくださって、恐縮です…。

 

まりんさんに作っていただいた、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の糸かけ曼荼羅はこちら♪
じゃん!

 

f:id:bande:20170324222915p:plain

 

どっちがどっちかわかりますか?
左が真赭(ますほ)の糸かけ曼荼羅で、右が蘇芳(すおう)の糸かけ曼荼羅

 

まりんさんからは、
蘇芳(すおう)について「深いピンク色と深いグリーン色を中心に、外側へいくにつれ て白色を感じました」
真赭(ますほ)について「明るくて、弾けていて、楽しそうな印象を受けました」
と。

 

当然だけど、やっぱり性格というか気質というか、ばっちり色でも出るものなんだなー(笑)
そして、届いた曼荼羅を見た時に、わたしの中に降りてきた(というか浮かんだ)言葉がタイトルの通り。

 

蘇芳(すおう)の曼荼羅からは、思慮深さと芯の強さ。
真赭(ますほ)の曼荼羅からは、大らかさとめげない強さ。

 

そのまま、面白いくらいに本犬たちを表しているなーと思います。

 

f:id:bande:20170324223455p:plain

 

ペットの糸かけ曼荼羅は、オプションでペットからの一言メッセージも貰えます。
もちろん、お願いしましたよ^^

 

2頭ともごはんをものすごく自慢したそうです…^^;;
真赭(ますほ)は、白いお米のビジョンをまりんさんに送ったそうで、お米好きだったの?とわたしがびっくり。
確かに毎日の手作りごはんには炊いたごはんも入っている。
赤米、黒米を混ぜてるので、純粋な白いごはんじゃないけども(笑)

 

言葉を介してのメッセージというよりは、ビジョンやエネルギーメインだったみたいで
「ありがとう☆」
「大好きー♪」
「幸せー♪」
のエネルギーがたくさん、と教えてもらって、思わず涙が…。

 

最近はアニマルコミュニケーションもお願いすることがなくなったけれど(心配事もわたし次第、というのがわかってきたから)たまにこうして、メッセージを貰うと心がほっこり、じんわりします。

 

そして、2頭の笑顔がもっともっと増えるようになるにはどうしたらいいかな?って思ったり。

 

まりんさんに作っていただいたふたつの糸かけ曼荼羅を見るたびに、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の「ありがとう☆」「大好きー♪」「幸せー♪」を感じて、想い出して、心に幸せの欠片を重ねていく。
そんな風に感じる。

 

ペットちゃんだけでなく、自分自身へのプレゼントやご家族、お友達へのプレゼントでも受けてくださいます。

 

エネルギーを色にするので、自分自身の曼荼羅だとしたら、今年、来年、再来年…と色も変わっていくでしょうね。
それはそれで、目にする変化としてもいいかもしれません^^

 

まりんさん、ありがとうございました〜^^
わたしも欲しい〜!方は、まりんさんのブログをチェックしてくださいね。


【まりんさんのブログ】糸かけ曼荼羅のオーダーを承ります

ただしい歯磨きから始めるわんこの健康のヒント

アトリエメニュー アトリエメニュー-講座

突然ですが。
お家のわんこの歯磨き、できてますか?

 

人と違うから、わんこの歯磨きは難しい。
嫌がって大人しく歯磨きをさせてくれない。

 

ホントにそう?
人と違っても、歯があること、その歯が大事なことは変わりません。

 

動物病院やトリミングサロンで、あるはネットの情報で、わんこの歯磨きをしましょうと言われています。
なぜそう言われるのか、考えてみたことありますか?

 

歯磨きの代わりに、歯磨きガムをかじらせてるから平気。
トリミングサロンで定期的に磨いているから平気。
歯石取りはやってもらっているから平気。

 

ホントに平気?
自分の子供がいたら、歯磨きガムで終わりなんてしないよね。
乳歯が生えてきたら、毎日せっせと歯磨きしません?

 

トリミングサロン、月に何回行きますか?行くたびに歯磨きしてますか?
月に1回?2回?
自分の歯磨き、美容院に行った時だけ、ネイルサロンに行った時だけ、その時だけやるって…しないでしょう?

 

歯医者で定期チェックをしてもらっても、お家で毎日磨きますよね。

 

f:id:bande:20161208212631p:plain
歯磨き代わりにひづめや角など固いものを与えてるお家もあるはず。

 

…わんこの歯磨きも考え方は一緒。

 

病院やトリミングサロンで、定期的に歯石を取ったり、お手入れすることはありです。
それは、わたしたち人が歯医者に月1回、チェックに行くのと同じ意味。
でも、チェックの場で、その時だけやっても、その意味は余りにも薄い。

 

日々の食事内容や体質的なもので、歯石がつきにくいわんこもいるでしょう。
でも、やらなくていいわけではない。

 

野生動物は歯磨きしないよね。
昔のわんこは歯磨きしてなかったよね。

 

そんな声も耳にします。
事実、わたしもお迎えした当初は歯磨きをしなければ、なんて思いもしなかった。

 

でもね。
よく考えてみて。

 

お家のわんこは野生動物じゃないですよね。
自然の摂理で淘汰される生き物ではない。

 

今と昔では、わんこの飼い方、家族の中でのポジションが違いますよね。
番犬の役割が果たせればよくて、ワクチンや狂犬病予防接種もする人の方が少なかった時代もあります。
今よりも寿命ももっと短かった。


でも、お家のコには健康で長生きしてほしい!
それがすべての飼い主さんの一番大事な切なる願い。

 

そう考えたら、野生動物は〜、昔のわんこは〜といったセリフがおかしいな?と思えるはず。

 

じゃあ、どうしたらいいの?!
そう思った飼い主さんへ向けた講座が「わんこのデンタルケア」です。

 

今のわんこに、歯磨きがなぜ必要なのか。
歯磨きをしないことで起こり得る病気や疾患は何か。
毎日、歯磨きができるようになるにはどうしたらいいのか。

 

歯磨きと様々な市販のデンタルグッズとの違いや歯石取りで起こる弊害、そして実際に我が家の2頭と歯磨きができるようになるまでに実践したこと、経験したこと。
それらを含め、歯磨きにまつわる情報をコンパクトにまとめた1day講座になります。

 

f:id:bande:20161125234658j:plain
こちらは講座で使う、わんこの顎型模型

 

まずは歯ブラシ買わないと!と意気込まなくても大丈夫。

講座には、歯ブラシ1本が一緒についてきます(笑)
※多頭飼いで複数ご希望の場合には、2本目から実費になります

 

お家でお使いの歯磨きグッズがあれば、お持ちくださってもOK。
受講生さん同士の「今、どうやっているか」「つまづいていること」「困っていること」なども講座の中でシェアしていきます。

 

wan-day講座 わんこのデンタルケア

【日 時】
2017/4/30(日) 13:30~16:30
※状況によって、多少延長する場合があります

【開催場所】
ドッグウェルネスサロン * L'atelier Richesses
東京メトロ南北線 王子神谷駅徒歩5分
※詳細は、お申し込みいただいた方へ個別にご案内いたします

【受講料】
¥7,000(税込)
※テキスト・歯ブラシ1本付

【支払方法】
指定口座へ事前振込
※振込手数料はご負担ください

【プログラム】
・デンタルケアの目的
・人とわんことの口腔の違い
・わんこがなりやすい口腔疾患
・ホームケアとその位置づけ
・歯磨きを実践するその前に
・歯磨きの実践と注意事項
・口腔疾患の進行具合を見極めるポイント
・質疑応答

【定員】
3名

【わんこ同伴について】
小型犬に限り、同伴可能(頭数制限あり)
お申し込み時に合わせてご連絡ください。

【キャンセルについて】
お申し込みいただくと同時にお席の確保・準備がスタートとなります。
また、定員制のため、キャンセル等による返金手続きは承っておりません。
(次回開催への日程振替は可)
キャンセルポリシーもご確認ください

 

【お申し込み】セミナー・イベントお申し込みフォーム

 

日程が合わない場合のリクエスト開催も可能です。
ご希望の日時を幾つかそえてご相談ください(平日要相談)
出張開催も対応可(最低開催人数3名以上)その場合、別途往復交通費が実費請求になります。

➡︎リクエストの連絡をする

 

今から始める!飼い主さんからのお申込をお待ちしております。