わんことの暮らしを楽しむ。一緒に紡ぐ。幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるために「わんことの暮らしを楽しむ」ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

わんこはアイスプラントを食べるのか

先日、岡山の農家さんから野菜を購入してみました。
我が家は、6月〜翌1月までは長野の農家さんから野菜とお米を購入しています。

 

何が入ってくるかわからないおまかせ野菜(冬場は野菜が少ない分、手作り味噌やうどんも入ってくる)だけれど、旬のものが入ってくるし、普段ならあまり買わない野菜が入ってくることもあって、毎回楽しんでます。

 

ただ、長野は雪が多い地域。
2月〜雪解けが終わる5月までは、野菜が育てられず、届かない(お米は頼めば送ってくれる)
今までは、この期間だけスーパーで買っていたのだけど、根菜とかは重いし、週末、イベントや講座でまとめ買いにいけないこともしばしば…。

 

たまたまTwitterだったかFacebookだったかで、岡山のお任せ野菜便を見つけて、今回頼んでみたら、なかなか良い♪
そもそも少なめの分量で宅配してくれるところってあんまりないし、さらに減農薬、無農薬となるともっと数が少ない…ので、諦めていたのだけど、こちらはSサイズ8種類の野菜がお任せで入ってくるので、ちょうどいい感じ。

 

その中に、滅多に買わない(あんまりスーパーで見かけたことがない…)アイスプラントが入っていたので、さっと洗って蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)に贈呈してみました(笑)

 

f:id:bande:20170310223907p:plain
まずは葉っぱの部分を贈呈

 

初めてのものでも躊躇することなく食べる蘇芳(すおう)とちょっと深重な真赭(ますほ)
葉っぱの部分だったからか、真赭(ますほ)は案の定、一度口に入れて、出す^^;;
それを蘇芳(すおう)も盗られる…というおきまりのパターンが。

 

真赭(ますほ)は、食感の柔らかいもの(サニーレタスとかちょっと日にちがたった葉物とか)は好きじゃないらしく、ほぼ100%口から出しちゃう。
じゃあ、茎は?と茎の部分をあげてみたら、美味しそうに食べるので、やっぱり食感がお好みじゃなかった模様。

 

これもわんこによって様々ですね。

 

f:id:bande:20170310223905p:plain

 

我が家は、わんこが食べてはいけないもの(ネギ類やチョコレートなど)以外は、こうして「食べる〜?」と与えてみてます。
いろんなものが食べられた方が、何かあった時に困ることが少ないし、食べるの好きなわんこたちに少しでも楽しいことを増やすべく。

 

もちろん、食べた後にお腹の調子を崩したとか本犬が好きじゃないとわかったものは、その後はあえて与えません。
単なる好き嫌いなら、ごはんに混ぜてみたり、形を変えてあげることもあるけれど。

 

今回のアイスプラントは、もともと塩味が少しあるので、塩分補給にもいいかもしれません。
あなたのお家のコは食べますか?(笑)

まだ見ぬ自分の才能と出逢う〜The Medicineホイール&アニマル

1月2月とねろたんさんのサロン、元住吉・Michi-Terraceにて、さいのまみさんのThe Medicineホイール&アニマルを受講しました。

 

メディスンホールアニマルって、なんぞや?と思いつつも、ねろたんさんの告知を見た時から、なんかわかんないけど気になる!と思っていて、4ヶ月くらい待ったのち、受講ができました^^

 

メディスンホイールは、人生そのもの
宇宙そのものであり、宇宙のすべてを表しています
メディスンホイールとは 何なのか
どうやって使うのか どう創るのか
そのホイールの旅の意味と自分の位置
方角で何をしたら良いのか
メディスンホイールを理解する事で
自分のメディスンアニマルとのコネクトが始まります

まみさんのHPより抜粋~ 

 

メディスンホイールは、ネイティブアメリカンの知恵、叡智をまとめたもの。
ネイティブアメリカンたちは、身の回りの自然界、水や雲の流れ、風の動き、星のきらめき、そして目の前に現れる動物たちそれぞれに、意味を見出し、そこから生きていくヒントを得ている。

 

f:id:bande:20170307201555j:plain
画像はまみさんのHPより

 

それらは、同じように今のわたしたちにも共通のものがあるよ、ということに触れる講座だなあ、と。
現代って、自然の移ろいに触れる機会がとても少なくて、いつもせわしない毎日を送りがちなので、そういう意味でも、ちょっと周りの自然に目を向けるってことを意識するきっかけになる。

 

そして、メディスンアニマル。
ネイティブアメリカンたちは、自分の内に眠る才能を動物たちからインスピレーションを得ている。 例える、というか。

 

このメディスンアニマル、人生の中で9匹のアニマルと出逢うんだそう。
人生の中で、なので、いつ出逢うかもわからない。
でも、出逢ったアニマルは共に成長する仲間であり、自分の中に眠る才能の芽。

 

そう考えると、ちょっとわくわくする。
現実世界では「えー、それは苦手」ってアニマルだとしても、そのアニマルの持つ資質のどれかが自分にもあって、それを開花させていくことでより自分の本質、資質が目覚めていく。

 

自分のアニマルってなんだろう、って思っちゃうよね。
講座の中では、アニマルと出逢うワークもあって、わたしもちゃんと出逢えました。

 

ワークやるよって聞いたときは、「出逢えなかったらどうしよう」って思った。
でも、今まで出逢えなかった受講生はいない、ってお話だったから、些細なことでも「ここにいるよ」ってシグナルがくるんだろうなって思えた。

 

ちなみに、わたしが出逢ったアニマルは、ウミガメとマンタ。
これでてきたときは、正直びっくり。
ウミガメ?マンタ?まじかー!と(笑)

 

f:id:bande:20170307202835p:plain
マンタはダイバーのあこがれ。カメはネイティブアメリカンの世界そのもの。

 

どちらも水の生き物(カメは両性だけど)
そして、繊細さと心地よさをもっている(生き物としての性質というよりは、本質的なメッセージとして)
しかも、カメってネイティブアメリカンからすると「世界そのもの」「大地そのもの」を表すんだそうで、あらまあ…壮大(笑)

 

「動」よりは「静」
外へ外へと行くよりは、内へ向かう、内観や静観のキーワードをもつアニマルたち。
でも、不思議とまみさんから伝えてもらったキーワードに、小さくも反応する心がいて、間違ってないというか、わたしの内にその要素があるんだなあ…って。

 

一緒に受講した人たちの中には、ウルフやイーグルと出逢った人もいて「いいなあ…」って思ったのも事実。
でも9匹いるなら、残り7匹にいるかもしれないしね。
出逢えるタイミングを楽しみに。

 

この講座は、何かの手法を学ぶ講座ではない。
意識の在り方、古代から続く本質的な叡智やわたしたち人と動物とのつながりや世界観に触れて、自分の才能に出逢ってみたい人は受けてみるといいかも。

 

【詳細はまみさんのHPへ】【ザメディスン】 地球の輪 動物たちの愛 │ Mami Saino official page |星の輪 Breshurian タローデパリ認定講座

 

わたしも間をおいて、また再受講したいなーなんて思う。
ワークで残り7匹のうちのアニマルに出逢えるかもしれないし、同じ場に集まった人たちのアニマルを聞くのも楽しいんだよね。

世界にひとつの自分のためだけの小さな宇宙〜ホロスコープ曼荼羅

今日は、朝から「ウチのコのための個別セッションday」
そして昨日は、久しぶりに、ハンドクラフトの楽しむ時間を堪能♪

 

去年から、講座を開催してもらったり、自分が参加したりで、数ヶ月置き、月イチ、ここ1ヶ月くらいは毎週お会いしている(笑)ねろたんさんの元住吉サロン・Michi-Teracceにて、見た時から「作りたい!」と思った、糸かけホロスコープ曼荼羅を作ってきました。

 

f:id:bande:20170305142550p:plain
完成したわたしのホロスコープ曼荼羅

 

 

糸かけ曼荼羅の存在を知ったのは去年。
これもねろたんさんのブログやFacebookで。
いろいろとハンドクラフトはしてきたけれど、これはちょっと初心者で作れるのか…と不安もあったけれど、自分だけのホロスコープ曼荼羅を作りたい、という興味が勝り、参加。

 

ラストのホロスコープに沿って、クリスタルを配置する作業が終わらない(失敗する)というループにはまりかけたけれども、なんとか時間内に終了。
途中、ループにはまったときには、講師のちほさんが「時間大丈夫ならできるまでトライしていいのよ〜」と言ってくださり、落ち着いたわたし(笑)
こういうのは、焦るとまた失敗するのでね…。

 

このホロスコープ曼荼羅のワークショップは、ホロスコープの読み方とか惑星の意味とかは一切なく、ただただ自分のホロスコープを作る時間を楽しむワークショップ。

 

糸をかけていくので、時に無言の集中したり(息するの忘れてたりね^^;;)糸をかけ間違って「きゃー!」ってなったり、パワーストーンがお散歩に出ちゃったり(要は転がってしまって、捜索タイムが発生した)
そんなアクシデントも楽しんじゃう。

 

そして、少しずつ出来上がっていく、その過程がまたいいの。
「できてきた〜♪」という、わくわくよりももっと深い、ゆったりとした感覚があるのです。
にやにやしちゃう、そんな感じ。

 

 

f:id:bande:20170305142551p:plain
2回目の人はピンクや赤の好きなカラーを選んで作ってました
ブルーが始めて作る人の基本のカラー。

 

 

参加者全員、同じ素材を使うけれど、ホロスコープが違うから、出来上がりの雰囲気も当たり前だけど違うのね。
2回目参加の方は、糸のカラーを自由に選べるという特典が。
これはこれで、同じ自分のホロスコープでも雰囲気が変わるので、また作りたくなってしまう…(笑)

 

ホロスコープは、生まれた時の惑星の配置を図に表したもので、その位置で人の本質的な部分や資質、傾向なんかを読み解くもの(西洋占星術)だけど、ちほさんに伺ったところ、出生時間がわからない場合は0:00でホロスコープを出して作ることができるとお答えいただき、わんこのホロスコープも作れる?!とテンションがさらにあがったのはここだけの話。

 

別にこれを作ったからといってスピリチュアル的なエネルギーが変わるとか動くとか、わんこ性格が変わるとか、そういったものは一切ない。
ただ、ご縁があって家族になったわんこの生まれた時の惑星、天体の配置に想いを馳せて巡らして、さらに愛おしくなる、そんな時間が作れるんじゃないかなあ…と思ったの。

 

夏頃に、Michi-Teracceでまた開催されるようなので、わんこのホロスコープで作ってもいいか聞いてみようかな、なんてこっそり思ってます(笑)
と思ってたら、4月にも急遽開催決定だそうですー!

 

【ねろたんさんのブログ】【4月も開催】よしのちほさん ホロスコープ曼陀羅ワークショップ