わんことの暮らしを楽しむヒント〜わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるためのきっかけ作りを発信している、ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

続・英語版ペットアロマの書籍を読む

先日から格闘していた英語書籍を読むこと。

【過去記事】英語版・ペットアロマの書籍を読む

 

f:id:bande:20170513154320p:plain

 

薄いから1ヶ月で終わるかなーと思っていたけれど、終わらず…GWを経て、漸く読み終わった!
読み終わったというか、Google翻訳に全文つっこむ作業が終わったというか。

 

ここからGoogle翻訳の日本語読んで、「???」となったところをひとつずつ単語を調べる作業をします。
もうね、中学英語以下のレベルなので(文法とか覚えてないわ…)なんとなく、よく出てくる単語は覚えても文脈の理解までいかず。

 

英語ができる人は尊敬します。

 

基本的なところがまとめられた本なので、取り入れられるエッセンスは早速6/17のスペシャル講座「わんこのホームアロマ」でもお伝えしていきたいなと思ってます。

 

エッセンシャルオイルを使うことも選択肢の一つだけど、何よりも体を整えること、環境を整えることの方が大事。
それは、わんこの…というだけではなくて、わたしたち一緒に暮らす飼い主もそう。

 

嬉しい♪
楽しい♪
大好き♡

 

その笑顔を長く見ていたいもの。
そのためにできること、学ぶことはたくさんあるんだよね。

一緒に使えるから安心できる〜わんこの虫よけブレンド

だんだんと暖かくなってきて、お散歩日和、お出かけ日和が増えてきました♪
気温が上がって暖かくなると必要になるのが、虫よけ。

 

毎月処方されるフィラリア、ノミ・ダニの駆虫薬。
これらは刺激としてはとても強いもの。
皮膚につけるタイプのものは、場合によっては皮膚や被毛の方が負けてしまうこともあるんです。

 

蘇芳(すおう)も真赭(ますほ)もパピーのころは疑いもせず、皮膚につけるスポットタイプのノミ・ダニ駆虫薬を使っていたけれど、続けていると被毛の色が褪せてきてしまい…途中で使用を中止しました。


スポットタイプ以外にもあるけれど、体に影響がでるということはそれだけ強力ということ。
いろいろ考えた結果、必要最低限としてフィラリア薬のみにしています。

 

f:id:bande:20170410232541j:plain

 

そんな我が家は、忌避効果のあるエッセンシャルオイルをベースに、複数種類ブレンドしたオリジナルの虫よけミストを愛用。

 

市販の虫よけ商品の主成分は、ディート(米軍で開発された忌避剤としての化学物質)
忌避剤っていってるけど、農薬とか殺虫剤と同じもの…って考えると、体につけるのはちょっと怖いし、使用上の注意で12歳未満には使わないなどの記載もある。
そう考えると市販の虫よけ商品も考えてしまうよね…。

 

まゆえさん家の "虫よけアロマミスト" レシピ

【材 料】
エッセンシャルオイル ……………………  12d
 ・doTERRAテラシールド ………………  9d
 ・レモングラス ………………………… 2d
 ・アーボビテ …………………………… 1d
フラクショネイテッドココナッツオイル … 1ml
ミネラルウォーター …………………… 29ml

※完成容量30ml・希釈濃度2%
エッセンシャルオイルは高品質のものを使用すること

 

ブレンドするエッセンシャルオイルを変えれば、リフレッシュやクールダウンにも使えるものができる。
そんな風に臨機応変にアレンジできるのも手作りならでは。

 

そして、蘇芳(すおう)も真赭(ますほ)もわたしも同じものを使える。
材料がわかるから安心ということと、同じものを使うから安心ということ。
これって、とってもこころ強いなと思うのです。

 

ちなみに、ご紹介したブレンドで作る虫よけミストは、オリジナルブレンドの香りアイテム "Aromatic Wan Blend"でも取り扱っています。

 

【アイテム詳細】添加物・防腐剤なし!わんこと一緒に使えるアロマミスト

 

自分で作ってみたい方には、我が家で使っている材料をおわけすることも可能です。
お問い合わせくださいね。

➡︎問い合わせする 

ウチのコの幸せを一番に考える、それは飼い主にしかできないこと

お誘いいただいて蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)と、新中野にあるドッグカフェ・そら〜ずへ。
3月4月はちょっと忙しかったので、こちらへ行くのもお久しぶり

 

【訪問記事】店内わんこOK♪お祝いケーキもオーダーできる"Terrie's Dog Cageそら〜ず"@新中野


お誘いくださった相手もちょっとお久しぶりのMr.Mac&Mr.Mac Academy代表・日置さん。
そして、Mr.Mac AcademyのセミナーでMCを担当している美女・北村さん。

 

Facebookページ】Mr.Mac Academy
 

いつもは犬バカ親バカ談義が多いのだけど(笑)
この日は、ちょっと真面目なお話が多々。

 

f:id:bande:20170504134745j:plain

 

保護活動、各種団体、お店つくりからブランディングまで幅広く、今まで日置さんが関わって見聞きしたことなんかとそれにまつわるお互いの率直な意見をぶつけ合う。
なかなか、貴重な時間。

 

はじめは崇高な想いやビジョンがあってスタートしたものが、大きくなるにつれ、運営者が変わるにつれ、気づけば違うものになってしまっている。

 

ペット業界に限らずだけれど、その中で、大きな団体や企業、影響力のある著名人が発することや支持することが100%みたいな風潮があって、でもある側面からみたら、必ずしもそうではないよね…ってこともものすごくたくさんある。

 

まだまだ知らないことが多いなあ、と気づかされ、考えさせられ。
でも、そんなことを聞いた上で、自分がやっていきたいことは間違ってない…というか、日置さんと近いんだな、って思える部分もあり。

 

Mr.Mac Academyの趣旨もそうなんだけど、まずはウチのコの幸せを一番に考える
どうしたら幸せにしてあげられるか、一緒に幸せになれるか、そこを考えて必要であれば学んでいくことも飼い主には必要。

 

幸せの尺度や考え方は人それぞれだから、これまた難しいけれど、ただ甘やかすだけ、着飾るだけが幸せではない、と思う。
かわいいだけじゃなくて、ひとつの生命として、ちゃんと尊重していきたい。

 

f:id:bande:20170504134927j:plain

 

溢れる情報をすべてを鵜呑みにするんじゃなくて、ウチのコは?を見極めていく。
わたしもまだまだここの部分は試行錯誤の途中だけれど、見極める目は養っていきたいし、精度は上げていきたい。

 

この世界でウチのコのことを100%わかってあげられるのは、飼い主さんだけ。
そして、ウチのコのために100%ベストな選択ができるのも、飼い主さんだけ。

 

そこには、傍から見てるだけではわからない「絆」が存在しているから。
(もちろん、飼育放棄や虐待は別のお話)

 

その絆を深めること。
学びの場を提供すること。
小さくてもいいから、そういった「場」を作って、届けていきたいなと思う。