わんことの暮らしを楽しむ。一緒に紡ぐ。幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるために「わんことの暮らしを楽しむ」ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

自分の感覚に素直になること、信頼していくこと

一旦一区切りになるから、記録もかねて記事にしておく。

春からの月イチで、ここ数年いろんな面でお世話になっている玄花さんのコーチングを受けに横浜通いをしていた。


玄花さんとは、ボディワーカーでヒーラーでエネルギーワーカーで…3人のお子さんのママでもあるいろんな面を持ってる、圧倒的なエネルギーを駄々漏れさせてる人(笑)
時に凛々しく、時にお茶目に、目に見えないエネルギーの世界と今を生きている現実世界を橋渡し、というかわかりやすく体言してくれる。
⇒詳しく(?)は、玄花さんのHP にて!


そんな玄花コーチングも、6月の新月にて一旦一区切り。
この3ヶ月(事前セッションもいれると4ヶ月)月に1回の対面セッションとその合間のメッセージのやりとりで、普段なかなかできない自分の内側の声を拾うこと、現実世界を認めること、を粛々と時に「わーん」ってなりながら進めてきた。

何度か自分で知覚できる変化があんまりなくて、「進んでるのかな?大丈夫かな?」って不安が出てきて、最初の頃は見ないふりをして、途中からは玄花さんに「不安です」って申告して。

つい先日のセッションのときにも「変化してる感じがない」って最初に言ったんだけど、見えない部分でちゃんと進んでいた。

それはさながら、湖に起こるちっちゃなちっちゃなさざ波のごとく。
ちっちゃくて、でも確実に広がっていく。
ゆっくりだけど、全身に。


そんな風に広がる変化だから、わたしの知覚、見えてる範囲では動いてる感じがしなかった。
確かに言われてみれば、去年に比べたら実動も増えてる。
けど、動いてる日数や時間が増えてるだけで、得られたものってあんまりない(対価とか結果とか)

って思ってたけど、ちゃんとあった。
わたしが思ってる形じゃなかっただけで。


自分の感覚に素直になる。
そこを信頼していく。


スタートの段階では、これ、なかった。
もっと言えば、玄花さんに出会った頃は全力で拒否してた(笑)
…のを言われて「ああ、そうだったかも!」って気づいた。

周りの意見に揺らぎやすくて、依頼されたものひとまずすべて受け取って、自分のことを後回しにしがちなわたしは、内側から来る「それ違うの」って感覚をずっとおざなりにしてきてた。
あるいは「今まで続けてきたからここでやめちゃうのもなー」って思って、微細な違和感を見なかったことにしてた。
3年かけてようやくそこをかろうじて掬い取れるようになった、ってだけの話。

でも、掬い取れるようになってきたかも、って自分の中から出てきたことが、とっても大きい!
今まで「エネルギー?感覚?全然わかりませーん」って言い続けてきたから(笑)


この3ヶ月は変化を促すだけじゃなくて、都度都度、課題もしっかりでる。
今月もいくつかイベントがあるので、それの準備やすでにいただいてる依頼とかに追加してってなるけど、最後の課題が一番わくわくしてる。

まだまだ薄らぼんやりで「うーん」っていう部分もありつつ、今まで培ってきたもの総動員。
頭の中でどうしようかなって、どっから手をつけようかーってやってる段階だけど、でもそれすらも楽しい(笑)


物理的な時間の制約とかは残ってるけど、ここからがようやくスタート。
や、スタートのための前段階って感じかなあ。


細くてもゆっくりでも道は続くよ。