わんことの暮らしを楽しむ。一緒に紡ぐ。幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるために「わんことの暮らしを楽しむ」ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

飼い主だからこそ、見つけられること。気づけること。

我が家の蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々のごはんは、人と同じ食材で作ったできたてごはん。
わたし自身が料理が得意なわけでも、一汁三菜といった和食ごはんを毎日作るわけでもないので、その時冷蔵庫にあるもので、ちゃちゃっと作れるごはんが蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の毎日ごはん(笑)

 

 

f:id:bande:20160118213919j:plain

 

 

このわんこのごはんを作る、それを取り入れたのが2012年のこと。
当初は、基本の考え方を学んで、教えてもらったレシピを試したり、ドッグフードにトッピングをするところから。

 

きっかけは、蘇芳(すおう)のお腹の調子がずっとよくなかったこと。
人と同じように、その日の体調に合わせた、そのコに合わせたごはんができないものだろうか。
薬を使う前に、毎日のケアで整えることはできないんだろうか。
そこがすべてのスタート。

 

そうやって切り替えていく中で、ぶち当たった最初の壁は「犬にはドッグフード!」という世の中の意識。
獣医もブリーダーも周りの人も「総合栄養食だから、犬にはドッグフードが一番」だと言う。

 

総合栄養食だからってそれだけを一生食べるのなんて、人なら絶対嫌なのに、犬ならそれが当然なの?
総合栄養食じゃないと栄養が偏るって言うけれど、人だって野生動物だって、一生、総合栄養食なんて食べてないよね?

 

学んで取り入れてみて、初めてでてくる疑問。
ドッグフードしかしらないなら、それが当たり前なんだろうけど、それ以外の選択肢があることを知ってしまったら、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)に合うものを選びたい。

 

そう思いつつも最初の壁は大きくて、一度では乗り越えられなかった。
周りからの「わんこのために」という声に、悩んで迷走してフードに戻して…ということを繰り返すこと数回。
時間はかかったけど(2年半くらい?)最終的には、わたしの責任を持って、フードは使わないって決めた。

 

この迷走してた頃の話をすると「え?そうだったの??」ってびっくりされる(笑)
そうだったのです。
でも、そうやって迷走して、挫折を繰り返しても。
「自分の手でウチのコのごはんを作る」
そう、決めたなら、わんこのごはんは作れるようになるから不安にならなくてもいいよ、って言える。
自分のペースでできるところから、はじめて行けば大丈夫^^

 

 

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々の様子に合わせて、季節に合わせて。
それぞれにとっての「適当(=ちょうどいい程度)」を見つけて、それに合わせて食材や調理方法を変えていく。

 

あれ、今日はちょっとおなか緩いな?
ちょっと元気なさそうだな?


そんな些細なことがわかるのは飼い主さんだからこそ。
毎日見ているから、ちょっとした変化も「あれ?」って見逃さずにいられる。

「あれ?」
その段階で気づけるのって、獣医でもなく他の誰でもなく、飼い主さんだから、なんだよね。