読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と体を整えて、わんこと一緒に幸せになるヒント

「わんこの幸せ=飼い主の幸せ」すべてのわんこと飼い主さんが幸せになるきっかけ作りを発信。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

自分にとっての「豊かさ」を大切にすること

お天気イマイチな3連休、以前からブログを読んでいて機会があったら会ってみたいなーと思っていた、高西愛美さん&杉浦千加さんのお茶会へ行ってきた。

 

まなさんは、同じ愛知県出身というところで、親近感を持っていたけれど、ブログを知った時にはもうエネルギッシュに活動をされていたので、どちらかというとちょっと手の届かない人。
なのだけど、ブログを読んだり、SNSの発信を見ていて、1度は会ってみたいというのがずっとあったので、勇気をだしてぽち。

 

しっかりレジュメがあって、お茶会というタイトルだけれども、ワークショップというかミニセミナーというかそんな感じ。
まなさんもお仕事パートナー・千加さんも大事にしているのは、

 

「自分にとっての豊かさを実現させる」
「無理しない(背伸びもしない、下卑しない)等身大で生きていく」

 

なので、そのためにできるはじめの一歩を話してくれました。

 

人って、目の前に起こった出来事に反応する生き物だから、今のように情報が溢れる時代だと、自分じゃない「誰かの豊かさ」に無意識に反応して、それを欲しいと思ってしまいがち。

 

周りがそうだから。
師事している先生がそうだから。
でも、「わたし」もそう?違うんじゃない?

 

2年前(3年前かな?)似たような状態になって、周りのキラキラを自分も欲しいと思って動いてみたけれど、どうやら違うらしい…と気づいたときのわたしを思い出した。

物質的豊かさはあるに越したことはないのだけど(そして、欲しいのも事実だけど)そこだけをクローズアップして追い求めて、そのためには手段を選ばない…くらいの勢いは、わたしはついていけなかった。
途中で失速していくから、最終的には見放されるよね。

 

全体を通して、まなさんと千加さんが言ってることは、横浜に通っていたころから耳にしていたこと。
もっと言えば、それよりもちょっと前から目にする機会が多かったこと。

 

ひとりひとり「豊かさ」の定義は違うんだから、誰に何を言われても、自分の豊かさは「これ!」というものを大切にすればいい。

 

いくら周りから「すごいね」って言われても、自分でそこを受け入れて認めてあげないとその先へは進めない。
だって、周りをみれば「もっとすごい人」がたくさんいるから。


上ばかりをみて、自信がない、わたしがやってもいいのかな、と考えて、立ちすくんでしまうのはわたしの無意識のクセで、そこから抜けたいと思っているのに、そこに留まることを選んでしまっている。
それはもう、永遠にそのレベルから先へいけない。

 

春の横浜3ヶ月で、だいぶここもクリアしたと思っていたけど、まだ根強かったなあ…。

 

まだまだ、他人の尺度、定義に揺れまくるので、今一度改めて、自分の大事なもの、大切にしたいものはなんなのか。
自分に問いかける必要があるなあ…。

 

 

f:id:bande:20161011215916j:plain

お茶会スタート時は、すごい雨だったけれど終わる頃にも雨もあがり、千加さんがひとりひとりさらっと写真を撮ってくれた。
カメラ目線で写ることはやっぱり慣れないけど(カメラを意識してない、横からとか斜めからとかの方が自分的には好き)あいにくのお天気で髪くりんくりんだけど、これはちょっといいかも。

千加さん、ありがとうございます^^