読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心と体を整えて、わんこと一緒に幸せになるヒント

「わんこの幸せ=飼い主の幸せ」すべてのわんこと飼い主さんが幸せになるきっかけ作りを発信。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

スピリチュアル満載、繊細さ全開を認める

以前、教えてもらったSoul Planプラクティショナー・ときこさんのソウルプランリーディング
少し前にA4サイズ40ページほどのわたしのソウルプラン解説書が届き、ようやく、ようやく…読み終わり。
 

ソウルプランとは、ブルー・マースデン氏が開発した「名前から、たましいの計画を読み解く」システムです。
そのルーツは「ゲマトリアヘブライ文字数秘術)」「セーフェル・イェツィラー(形成の書)」「ゾーハル」「モーセの数秘学」といった古文書からきています。これらの古代の叡智に、マースデン氏が新しい解釈とチャネリング内容を加味し、現代人に合ったシステムを開発しました。
(ときこさんのブログより)

 

名前を数字に置き換えて、魂の目的を見ていくソウルプラン。
今まで体験した数秘ともヒューマンデザインともまた違った数字とその見方なんだけど、ちょこちょこ似たようなことを言ってるなあ…ってところがある。
まあ「わたし」をいろんな角度から見てるから、同じような部分があってもおかしくはないよね。

 

f:id:bande:20161105185200j:plain
ソウルプランで見る、わたしが持ってる数字はこんな感じ。
魂の本質・SD14-5って、珍しいらしい(ここでも珍しい、が出た)

 

人生の前半と後半、物質世界と精神世界。
同じ数字がでてくる率高し。偏ってる。
ここが活かしきれれば、とっても強い特性になる…のだけど、さてわたしはどうだろうか…。

 

解説書を読んで感じるのは、全体的にスピリチュアル満載。繊細さ全開。
思考大好き(そしてそれをやりすぎて飽和する)
アーティスト。職人。
↑この辺の単語は好きだから、尚更読んでて拾うよね(笑)

 

数秘でいうと5とか7とかに通じるものがここでも出てきてて、なんていうのかな。
いろんなもので見ていくにつれ、じわじわと周りを固められているような感じがする(笑)
諦めて、認めて、受け容れろ。

 

そして、フラワーアレンジ作ってた時も、名刺やブログのカスタマイズしてた時も、いわゆるテンプレート的なものはやりたくないなって思ってたけど、それもばっちり出ている。

 

例えば、デザインをするとして、
SD3-3の人なら、自分の内側くるものを表現する
SD4−4の人なら、相手の要望やニーズに答える
SD6-6の人なら、素材、アイディアなどからインスピレーションを得る
SD14-5の人なら、相手の本質にアクセスして、写し鏡のように映し出す
(解説書より)

 

ひとつひとつ、数をこなせなくても時間がかかっても、その人に合わせて作りこみたい。

だから、初めましてで依頼されるよりも、ブログだったりSNSだったり、なんなら一緒にお茶したりごはんしたりして、ある程度、相手と関わりあってから作り始めたい。
(ってなると、ギフトメインのフラワーアレンジはちょっと成立しにくかったんだなあ…。今思うと)

 

わたしが、テンプレートベースで文字や写真だけを変えたものが好きじゃないからって思ってたんだけど、違ったんだな。

 

そしてこの「相手に合わせてひとつひとつ対応したい」っていうのは、デザインだけじゃなくて、わんこのごはんやアロマにも同じように思っている。
だって、やっぱりそのコそのコでみんな違うから。
好きなものも違えば、嫌いなものも違うし、性格だって、受け取り方だって違う。
講座で基本的なことは学べるけれど、その前の「じゃあ、ウチのコは?」を一緒に考えたいって思う。

 

それは、蘇芳(すおう)の時にそうやって「蘇芳(すおう)の性格や体調からすると、ここから始めるのがベスト」って取り掛かった過去があって、それを一緒に考えて併走してくれた人がいたから。
そう考えると、全部必要なことだったんだなあ…。

 

ひとりひとりに寄り添いたい。
一対一で向き合う。

 

内容はどうであれ、一対一で相手に向き合うこと。そのコそのコに合わせること。
そしてそれを形(表現)にすること。

 

知らなくても、そっちの方向に行きたいってちゃんとシグナルを出していて、気づいてた。
散らばってたピースがちょっと形になる…気がする。