わんことの暮らしを楽しむヒント〜わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるためのきっかけ作りを発信している、ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

まだ見ぬ自分の才能と出逢う〜The Medicineホイール&アニマル

1月2月とねろたんさんのサロン、元住吉・Michi-Terraceにて、さいのまみさんのThe Medicineホイール&アニマルを受講しました。

 

メディスンホールアニマルって、なんぞや?と思いつつも、ねろたんさんの告知を見た時から、なんかわかんないけど気になる!と思っていて、4ヶ月くらい待ったのち、受講ができました^^

 

メディスンホイールは、人生そのもの
宇宙そのものであり、宇宙のすべてを表しています
メディスンホイールとは 何なのか
どうやって使うのか どう創るのか
そのホイールの旅の意味と自分の位置
方角で何をしたら良いのか
メディスンホイールを理解する事で
自分のメディスンアニマルとのコネクトが始まります

まみさんのHPより抜粋~ 

 

メディスンホイールは、ネイティブアメリカンの知恵、叡智をまとめたもの。
ネイティブアメリカンたちは、身の回りの自然界、水や雲の流れ、風の動き、星のきらめき、そして目の前に現れる動物たちそれぞれに、意味を見出し、そこから生きていくヒントを得ている。

 

f:id:bande:20170307201555j:plain
画像はまみさんのHPより

 

それらは、同じように今のわたしたちにも共通のものがあるよ、ということに触れる講座だなあ、と。
現代って、自然の移ろいに触れる機会がとても少なくて、いつもせわしない毎日を送りがちなので、そういう意味でも、ちょっと周りの自然に目を向けるってことを意識するきっかけになる。

 

そして、メディスンアニマル。
ネイティブアメリカンたちは、自分の内に眠る才能を動物たちからインスピレーションを得ている。 例える、というか。

 

このメディスンアニマル、人生の中で9匹のアニマルと出逢うんだそう。
人生の中で、なので、いつ出逢うかもわからない。
でも、出逢ったアニマルは共に成長する仲間であり、自分の中に眠る才能の芽。

 

そう考えると、ちょっとわくわくする。
現実世界では「えー、それは苦手」ってアニマルだとしても、そのアニマルの持つ資質のどれかが自分にもあって、それを開花させていくことでより自分の本質、資質が目覚めていく。

 

自分のアニマルってなんだろう、って思っちゃうよね。
講座の中では、アニマルと出逢うワークもあって、わたしもちゃんと出逢えました。

 

ワークやるよって聞いたときは、「出逢えなかったらどうしよう」って思った。
でも、今まで出逢えなかった受講生はいない、ってお話だったから、些細なことでも「ここにいるよ」ってシグナルがくるんだろうなって思えた。

 

ちなみに、わたしが出逢ったアニマルは、ウミガメとマンタ。
これでてきたときは、正直びっくり。
ウミガメ?マンタ?まじかー!と(笑)

 

f:id:bande:20170307202835p:plain
マンタはダイバーのあこがれ。カメはネイティブアメリカンの世界そのもの。

 

どちらも水の生き物(カメは両性だけど)
そして、繊細さと心地よさをもっている(生き物としての性質というよりは、本質的なメッセージとして)
しかも、カメってネイティブアメリカンからすると「世界そのもの」「大地そのもの」を表すんだそうで、あらまあ…壮大(笑)

 

「動」よりは「静」
外へ外へと行くよりは、内へ向かう、内観や静観のキーワードをもつアニマルたち。
でも、不思議とまみさんから伝えてもらったキーワードに、小さくも反応する心がいて、間違ってないというか、わたしの内にその要素があるんだなあ…って。

 

一緒に受講した人たちの中には、ウルフやイーグルと出逢った人もいて「いいなあ…」って思ったのも事実。
でも9匹いるなら、残り7匹にいるかもしれないしね。
出逢えるタイミングを楽しみに。

 

この講座は、何かの手法を学ぶ講座ではない。
意識の在り方、古代から続く本質的な叡智やわたしたち人と動物とのつながりや世界観に触れて、自分の才能に出逢ってみたい人は受けてみるといいかも。

 

【詳細はまみさんのHPへ】【ザメディスン】 地球の輪 動物たちの愛 │ Mami Saino official page |星の輪 Breshurian タローデパリ認定講座

 

わたしも間をおいて、また再受講したいなーなんて思う。
ワークで残り7匹のうちのアニマルに出逢えるかもしれないし、同じ場に集まった人たちのアニマルを聞くのも楽しいんだよね。