わんことの暮らしを楽しむヒント〜わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるためのきっかけ作りを発信している、ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

わんこと一緒に幸せライフスタイル

「わんこの幸せは飼い主の幸せ」
体を整え土台を作る。心を繋ぐ。わんこと一緒に紡ぐ、幸せライフスタイル。

お家でつくるごはんは家族の健康を想い、愛情を伝えるもの

ようやく入手して、数日前から『一汁一菜でよいという提案』(土井善晴・著)を読んでいます。
まだ4分の1ほど読み進めたところなのだけど、わんこのごはんも一緒だなあ…と思う部分がすでにいくつも。

 

一汁一菜でよいという提案

 

家庭料理は、毎日食べるもの。
豪華なハレの料理ではなくて、淡々と飽きずに食べられて、簡単なものでいい。

 

そこで、土井さんが推奨しているのが、炊いたごはんと具沢山のお味噌汁。
余裕があれば、ちょっと魚を焼いたりすればいい。

 

この具沢山のお味噌汁と炊いたごはん、ってそのままわんこのごはんにもあてはまる。
人よりもわんこの方が肉食よりだから、プラスしてお魚やお肉があった方がいいかなとは思うけど、基本はそれでも十分。

 

そう思ったら、ちょっとだけわんこのごはんを作るハードルが下がらないかな?
具沢山のお味噌汁なら、お鍋ひとつ、まな板と包丁があったら作れちゃう。
根菜がなければ、包丁の代わりにキッチンバサミでもできちゃう。

 

本や雑誌、お店で出てくるような見栄えのいい、手間暇かけた凝ったメニューじゃなくていいんです。
飼い主さんが愛情を伝えるために作ってくれたごはんなら、わんこはそれだけ嬉しいもの。

 

我が家の蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)もことあるごとに、毎日のごはんを「いいでしょー♪」と自慢しています(笑)
誰に?というのは、こちらの記事で触れています➡︎思慮深さと芯の強さ、大らかさとめげない強さ。我がコのオリジナル曼荼羅

 

f:id:bande:20170328220937j:plain

 

わたしはお料理が得意なわけではないので、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の毎日のごはんはホントに具沢山スープに炊いたごはんが入ったもの。
それでも、旬の食材をなるべく取り入れて、1ヶ月、半年スパンでバランスを見ながら作るだけで、2頭は喜んで食べてくれます。

 

そして、その食べっぷりをみて、わたしが幸せな気持ちになる。
今日も喜んで食べてくれたなー、おいしいって食べてくれたなー、って。

 

それって、幸せの循環で愛情の循環だと思うのね。
この活動をしよう、と思った時から、「今日もごはんおいしかったね」ってコミュニケーションをとる時間を増えるといいなと思っていて、それは人とわんこだからではなくて、家族だからなんだな、と土井さんの本を読んで改めて認識をしたのです。