犬とともに暮らす〜上質わんこライフ

「わんことの暮らしを楽しむ」ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ

ともに暮らす〜上質わんこライフ
「あなたと一緒にいることが僕らの幸せ」
 わんこと一緒に紡ぐ幸せのライフスタイル

ドッグフードと手作りごはん、どっちがいいの?

先日開催した「わんこのホームアロマ」
ワークショップでは、まずは生活自体だったり、食べるものだったりが大事、というお話をしたせいか、ドッグフードと手作りごはんどちらがいいのか?といった質問も飛び出しました。

 

f:id:bande:20170623224751j:plain

 

結論からいうと、どちらがいい悪いというのはない。
というのが、わたしの正直な意見。

 

人によってはドッグフードはありえない!手作りごはんは栄養が偏る!など、意見は様々。
だから、ついどっちが正しいの?と思ってしまいがち。

 

だけど、わたしたち人もコンビニのお弁当を買ったり、ちょっといいレストランで食事をしたりする。 それを考えると、同じことだってわかるはず。

中にはコンビニのお弁当は合わなくてお腹を壊しやすいって人もいるでしょう。
わんこも同じ。

 

ドッグフードのメリットデメリット、手作りごはんのメリットデメリットを考えて、ウチのコにはどっちが合うか?
それを考えて決めたらいい。

 

ドッグフードの原材料ははっきりわからないものを使っている場合もあるので、そういった意味や添加物が多いといった意味では、フードはどうかなあ…と思うけれど、そこを配慮しているフードもあるのでね。


そして、ウチのコに合うものは季節だったり、そのコの体調だったり、年齢だったりで変わるもの。 これもわたしたち人と一緒。

ほら、年齢が上がってくると脂っこいものはたくさん食べられなくなったり、つわりがあるときには今まで好きだったものが食べられなくなったり、そういうことがあるでしょう?
それと同じことなので、心配しなくても大丈夫。

 

f:id:bande:20161218210837j:plain

 

我が家の場合、今は完全手作りごはんのみだけれど、ここに至るまで3回ほど挫折を繰り返しています。 これ、お話しするとびっくりされるのだけど、毎日の習慣になるまでが一番のハードル。

 

わたしの場合は、毎日作ることに挫折したのではなく(それも少しはあるけれど)周りの声を気にしすぎて挫折すること3回。
結局、フードに戻してもメーカーを変えても、体調が安定しなかったこともあり…わたしはどうしたいの?ウチのコたちの健康管理をどうやってやっていきたいの?を何度も何度も問いかけて。

 

そこで出てきた答えは、
・フードや薬以外の方法で、わたしができることはすべてやってみる
・周りから何を言われても、手作りごはんでケアをしていく
でした。

 

でも、ドッグフードがあるとやっぱり楽チンだしついそれを使っちゃう…ので、なかなか習慣化になるまでが難しい。
なので、最後には、ドッグフードが我が家になければ作らざるえなくなる、という強制方法で切り替えました(あんまりオススメはしない方法)

 

f:id:bande:20170429192645p:plain

 

話を戻して。
フードのメリットデメリットにプラスして考えることは、ウチのコと飼い主さんのライフスタイル。
フルタイム勤務+深夜まで残業なライフスタイルならば、毎日ごはんを作るのはむずかしいことかもしれない。
ならば、週末だけ、家族のごはんと同じ食材を使ってみる。
あるいは、平日も早く帰宅できた日はドッグフードに野菜をトッピングしてみる。

 

そんなところからでもいい。
一番大切なのは、飼い主さんが眉間にシワを寄せて、肩に力を入れて、わんこのごはんを作らないこと。

 

眉間にシワが寄って、肩に力が入った状態で、頑張ってごはん作らなきゃ!で作ったごはんは御世辞にも「おいしい!」とは言えないと思うのです。
例えそれがわんこのごはんであっても。

 

だから、無理はせず、できる範囲で、でも我が子のためにごはん作りを楽しめる毎日が過ごせたら一番いいのになあ…と思う。

 

わたしもまだ日々、精進。
だけれどもね。