わんことの暮らしを楽しむ。一緒に紡ぐ。幸せライフスタイル

すべてのわんこと飼い主さんが今よりももっと幸せになるために「わんことの暮らしを楽しむ」ドッグウェルネスアドバイザー葛城まゆえのブログ。

お肉だけでなくお魚も。DHAやビタミンDも忘れずに取りたい栄養素。

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々のごはんは、鶏肉がタンパク質のメイン。
メインにしている理由は、手に入りやすい、お値段もそこまで高くない、そして、体を温める食性※をもつことと比較的消化・吸収がいいということ。
その時々で、胸肉だったり、ささみだったり、わたしの気分やスーパーでのお買い得情報に左右されます(笑)

 

※食性や帰経というのは、東洋医学・薬膳での考え方。
自然界の恵みである食物には、体を温める作用・冷やす作用(食性)があり、体の臓器と対応しているという考え方です。

 

f:id:bande:20170805233352p:plain

 

そうはいっても、時々はお魚も食べさせたい…と思ったタイミングで、本日のお買い得品に千葉県産のカツオがありました。
ちょっと悩んで、カツオお買い上げ。

 

カツオの旬って今だっけ…?と調べたところ、戻りガツオにはまだちょっと早いよう。
とはいえ、北上南下をする魚なので、なんだかんだと1年中出回ってるから、旬ってあるようでない感じなのかな。

 

そして、カツオの食性は…というと
体を温めるか冷やすかでいうと、そのどちらでもない平性の食材。
今回は軽くソテーにしたので、少しだけ温性よりに。
体の臓器では、脾胃の機能をサポートしたり、助けてくれたりし、体力回復や血行不良、貧血の緩和をしてくれます。
お魚から取るのがいいDHAやなかなか取りづらいビタミンDも一緒に取れます。

 

f:id:bande:20170805233417p:plain
お刺身用のカツオなので、数切れわたしの晩ごはんとしてお裾分けしてもらいました(笑)

 

先日記事にした生姜と合わせて、体の中から冷えを撃退…を考慮。
購入したカツオは刺身用となっていたけれど、蘇芳(すおう)も真赭(ますほ)も消化吸収の力はあまり強くないので、火を通します。
特にその部分に問題がないコであれば、そのまま生でも大丈夫。

 

ただ、生のお魚(お肉もだけれど)は、寄生虫などのリスクもゼロではないので、ウチのコどうかな?とそのコに合わせた調理法をしてあげてくださいね。

 

現在、リクエストをいただいているわんごはんの1dayクラスは、最短で9/10(日)に開催ができそうです。
内容は、ただいまちょっと詰め直している最中ですが、ご興味ある方はコメントやメールなどでお知らせください。優先的にご案内します。

➡︎問い合わせをする