犬とともに暮らす〜上質わんこライフ

体に負担のかからない、心が喜ぶケアをわんこと一緒に丁寧に紡いでゆくライフスタイル ”上質わんこライフ” をお届けします

犬とともに暮らす
「あなたと一緒にいることが僕らの幸せ」
 Happy lifestyle living with dog〜わんこと一緒に紡ぐ幸せのライフスタイル

人もわんこも体内の冷えは大敵。体の中から温める生姜の力。

Instagramでは、記録も兼ねて、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々のごはんをちょこちょことアップしています。

 

【まゆえのInstadram】Mayue Katsuragi • Instagram photos and videos

 

f:id:bande:20170801223232p:plain

 

冬場は、ジンジャーごはんとしてよく取り入れていた生姜を、この時期、あえて積極的にわんごはんに加えています。

 

手作りを始める前からずーっと懸案事項のひとつだった真赭(ますほ)の消化不安定。
これが、もしかしたら内臓の冷えからきてるのかも?と思いあたったから。

 

確かに体質チェックすると、わたしも含め、全員「陰」より。
その中でも真赭(ますほ)は「陽」の質が多い方なのだけど、もしかしたらもしかして…と。

 

体を温める食材である生姜をごはんに加えて、その他の食材も改めて食性や帰経※もチェックしてみています。

 

※食性や帰経というのは、東洋医学・薬膳での考え方。
自然界の恵みである食物には、体を温める作用・冷やす作用(食性)があり、体の臓器と対応しているという考え方です。

 

生姜は、というと…
冷え性にはジンジャーティーがいいといわれたりするように、温性食材。
体の臓器では、脾胃肺の機能をサポート・助けてくれます。
体内に蓄積した老廃物を取り除いたり、消化吸収を促進したり、体を温める作用を持ちます。

 

f:id:bande:20170801224001j:plain
ごはんに混ぜる以外にも、飼い主さんはジンジャーシロップやジンジャーティーとしても。

 

体重がなかなか増えないのは、消化吸収の比率と摂取量の問題だとわかったのが1年半くらい前。
そこから、お腹の調子を見ながら、真赭(ますほ)の体が吸収できる量を探ってきたのだけど、そこに加えての陰陽の体質も。

 

基本、旬の食材をなるべくメインで使うようにしているのだけど、それだと体冷やしすぎちゃうのかもしれない^^;;
夏だから、って涼性の食材のオンパレードは、そのコの体質見てやめた方がいいこともあるんだな、と実感。

 

まだ、波はあるので、食材と体質との相性も含めて、いろいろ実験中。
知識だけでなくて、実際に経験するってことがわたしには大事なようです…(D5だから?)

 

実験結果は、秋以降に開催するわんごはんのクラスでシェアしていけたらいいなと思ってます。
現在、リクエストをいただいていて、最短で9月上旬に開催できそうなので調整中。
ご興味ある方はコメントやメールなどでお知らせください。
詳細決まりましたら、優先的にご案内します。

➡︎問い合わせをする

WAN! derful 3Days夏・終了&秋の出展のお知らせ

祖師ヶ谷大蔵のカフェ&ギャラリーRoomerでのイベント「WAN! derful 3Days」
3日間終了しました。

 

f:id:bande:20170628220638p:plain

 

わたしは3日目の今日のみでしたが、遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました^^
3日目は、うす曇りで比較的過ごしやすい気温だったけれど、途中でお天気崩れたタイミングもあり、1日まったりな空気が漂う日になりました。

 

メニューの「わんこと一緒に使えるアロマクラフトワークショップ」は、イケワンのチワワくんが飼い主さんと一緒に参加してくれました。
飼い主さんがアロマを選ぶ間、お利口に膝の上で待ってるチワワくん。
カメラ向けると、きりっと凛々しい表情をしてくれるのが印象的でした。

 

f:id:bande:20170723234603j:plain

 

虫よけに使えるアロマ数種類の中から、お好みの香りで作っていただきました。
明日からのお散歩から、早速活用してくださいね。
(せっかく参加くださったのに、完成品とのお写真撮るのを忘れました…) 

 

f:id:bande:20170723234429j:plain

 

そして、早速次回Roomerでのイベントも確定です。
日程は、10月13日(金)〜15日(日)の3日間。
このうち、どの日に参加するかは調整中なので、決まり次第おしらせします。
秋の過ごしやすい時期なので、まずはカレンダーに印をつけておいてくださいね。

 

そしてそして。
来年2018年4月には、去年開催した主催イベント「犬楽日和」再び…の予定。
こちらは、これから日程詰めますが、春にもわんこと一緒に遊びに来られるイベントがあるっていうのを覚えておいてくださいね^^

わんこと一緒に食べるおやつ、豆乳寒天

夏場の定番おやつ、豆乳寒天を作りました。

 

通常レシピでよく見かけるのは牛乳寒天だと思うのだけど、牛乳はわんこによっては消化が得意でないこともあります。
そのため、我が家ではもっぱら豆乳を使用。
寒天以外にも本葛粉を入れて豆乳葛練りにしたり、豆乳+練りごまで自家製胡麻豆腐を作ったりと使い勝手がいいのです^^

 

f:id:bande:20170718220807p:plain
キウイがあったのでトッピングで飾ってみました♪

 

ただ、葛粉は練るのにちょっと時間がかかるので、暑い夏場は寒天が楽チン♪

 

寒天はそのほとんどが食物繊維で、腸内の老廃物や毒素を吸着し、体外へ排出するのを助けます。
体を冷やす効果もあるので、この時期、体内に熱がこもりやすくなるわんこにはうってつけの食材。


また、本葛粉同様、整腸作用を持つので、お腹の調子も整えてくれるのも嬉しい。
常備しておいて損はない食材です。

 

わんこと食べる、豆乳寒天レシピ

●材料●
豆乳 … 400ml
粉寒天 … 4〜5g


●作り方●
・すべての材料を鍋にいれ、粉寒天とはちみつなどが溶けるまで一煮立ちさせる
・プリンカップや耐熱カップに豆乳寒天液を入れ、冷ます
・粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成


※豆乳は冷ますと薄く膜ができます。
カップに流し入れる前にザルなどを使って、1度漉すと口当たり、見た目がよくなります。

※はちみつや甜菜糖などの甘みはお好みで♪

 

今回は、国産はちみつを使ったので豆乳の色味ですが、甜菜糖やきび砂糖を使うともう少し色味が濃くなります。
甘みは少なめで作り、飼い主さんのおやつにいただく際、はちみつなどで後から甘みを追加するのでもOK。
仕上げに、カットフルーツやミントを飾ると見た目も綺麗です。

 

我が家は、人のおやつ用には小さな耐熱グラス、わんこのおやつ用には浅めの保存容器を型代わりに使用しています。
おやつで与える分だけスプーンですくって、わんこ用の器に。
2〜3日分の量としてちょうどいい感じです。

 

豆乳以外にもカフェインのないハーブティや100%フレッシュジュースを使うこともあります。
今の時期だと、トマトを使ってもいいですよね。

 

お鍋ひとつ、火にかける時間も10分程度なので、ちょっとした隙間時間でわんこと楽しむおやつができちゃいます♪