犬とともに暮らす〜上質わんこライフ

体に負担のかからない、心が喜ぶケアをわんこと一緒に丁寧に紡いでゆくライフスタイル ”上質わんこライフ” をお届けします

犬とともに暮らす
「あなたと一緒にいることが僕らの幸せ」
 Happy lifestyle living with dog〜わんこと一緒に紡ぐ幸せのライフスタイル

わんこと共に暮らす

パートナーわんこと一緒に使える、楽しめる。それがレッスンのベース

わたしがおうちアトリエでレッスンしている、わんごはん、アロマテラピー、はみがき、タッチセラピー。 これらに共通するのは、パートナーわんことわたしたち人が一緒に体験できるもの、使えるもの。 先日のイベントに来てくれた食事療法を学んだ仲間とのメ…

わんこと一緒に食べる自家製ピクルス

先日、初夏〜初冬の間だけ届く、無農薬野菜たちが長野から届きました。で、思い立って自家製ピクルスを作ることに。 夏バテ防止で、酢の物は取るといいと言われるけれど、実はわたしが酢の物あんまり得意じゃなくて今までは作ってなかったんですよね^^;; わ…

一緒に使えるから安心できる〜蘇芳と真赭の虫よけブレンドレシピ

だんだんと暖かくなってきて、お散歩日和、お出かけ日和が増えてきました♪気温が上がって暖かくなると必要になるのが、虫よけ。 毎月処方されるフィラリア、ノミ・ダニの駆虫薬。これらは刺激としてはとても強いもの。皮膚につけるタイプのものは、場合によ…

わんこを家族に迎えるということ

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)という2頭のミニチュアダックスが家族になって5年目。 様々なペットに関わる仕事をしている人たちとの繋がりができてきた中で、よく聞くのは保護活動と殺処分の話。 殺処分をゼロにしよう、っていう活動はとってもよくわかる…

煮・焼・蒸のかんたんわんおせち

2018年のお正月は、初めて「わんこのおせち」を作りました。 わたし自身おせちって実はあんまり好きではなくて、実家にいるときはそれしかないのでいただく…という程度。 にもかかわらず、年末、2017年も残り数日…のタイミングで降ってきた「わんこのおせち…

わんこと食べる、りんごのもちもち米粉パンケーキ

蘇芳(すおう)さん、7歳のお誕生日に米粉のパンケーキを焼きました。 パンケーキ3段かさね+水切りヨーグルト。トッピングはドライフルーツの柿を散らして。 通常、小麦粉を使うパンケーキですが、小麦粉だとお腹を崩しやすいため我が家は米粉を使います。 …

日々の様子と治療履歴、もしもの時のためにわんこの基本情報をひとつにまとめておくこと

春先の震災を機に、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の健康手帳を作りました。 今の法律だと同行避難はできても同伴避難はできません。万が一、遠く離れた土地で一時預かり(避難)をしてもらうかもしれないことを考えて、2頭の基本情報や治療履歴をまとめる…

人もわんこ大好き。秋の味覚・かぼちゃを一緒に楽しむ

食欲の秋。 秋の味覚でもあるいも、くり、かぼちゃはわんこも大好きな食材たち。 気温もぐっと下がる日が増えてきたので、先日はまるごとかぼちゃひとつを使って、わんことおそろいごはん・かぼちゃの豆乳シチュー仕立てにしてみました。 かぼちゃは色が濃い…

「特別なことじゃない」という意識。あたり前のように受け容れる世界。

ただペットとして可愛がるだけでなく、「共に暮らす」こと、「意識を向ける」こと。言語化がなかなか難しい…と思っていて、あまり表立って出していないのだけど、わたしの根底にあるもの。 わたしがこうしてわんこのアロマやごはんを伝えていきたいなと思っ…

芸能人じゃなくても歯が命。わんこの歯磨き事情

お家のわんこの歯磨き、できてますか? 「ウチのコは嫌がって大人しく歯磨きをさせてくれない」 「野生動物は歯磨きしないし、昔のわんこは歯磨きしてなかったよね」 「歯磨きガムが大好きで、食後にかじらせてるから平気」 「定期的にトリミングサロンで歯…

噛みたい欲求を野生の鹿角で十二分に発揮♪〜食いつき抜群の嚙めるアイテム

北海道ニセコのお友達・麻子さんのご好意で、野生の鹿から取れる鹿角をアトリエで取り扱いすることとなりました。 夏の間、害獣としてハンターさんにハントされる北海道の鹿たち。 その立派な角をわんこたちのおもちゃとして、程よいサイズにカットしたもの…

未来のために『今』を残す、写し撮る

ウチのコの写真を撮る。 それって飼い主さんが日常的にやっていること。 じゃあ、ウチのコと一緒に写真に写る、は? どれくらいの頻度でありますか? photo by shanti Photography 米倉麻子 9/30に開催のわんこと家族写真撮影会。 とっても素敵な企画!とい…

一緒に過ごせる時間は、意外と短いからこそ、残しておきたい。

今、一緒に暮らしているわんこの年齢はいくつですか? パピーで迎えたわんこも気づけばあっという間に大人に…何を隠そう、我が家の蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)もそう。 これは、家族になりたての頃 それぞれ生後3ヶ月で我が家に来て、初めての育児ならぬ…

わんこと一緒に食べるおやつ、りんごの葛ゼリー

9月に入って過ごしやすくなったかなと思いきや、残暑が戻ってきた週末。 ひんやりさっぱり、わんこと食べられるゼリーを作りました。 添加物のない100%のフレッシュジュースはわんこのおやつにも使えます。 くだものそのままでもおやつとして楽しめるけれど…

旬の食材で、夏の暑さを乗り切る

先日のわんごはんに、夏野菜の代表格・ゴーヤーを使いました。 わたしは独特の苦味が苦手で、自ら積極的に食べる食材ではないのだけど、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)はそんなこと関係なく、いつも通り完食。 なんでも食べるってすばらしい(笑) ゴーヤー…

しあわせの一瞬を残しておきたい。「わんこと家族写真」にこだわる理由

わんこの撮影会自体は、トリミングサロンやイベント会場などでたくさん企画されています。 でも、あえて企画したのは、家族写真としての撮影はあんまり聞かないな、と思ったから。 イベント会場のスタイリングされたフォトブースで撮影することはあっても、…

お肉だけでなくお魚も。DHAやビタミンDも忘れずに取りたい栄養素。

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々のごはんは、鶏肉がタンパク質のメイン。 メインにしている理由は、手に入りやすい、お値段もそこまで高くない、そして、体を温める食性※をもつことと比較的消化・吸収がいいということ。 その時々で、胸肉だったり、さ…

「ドッグフードは完全栄養食」という単語に囚われない

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)は、ドッグフードからわたしの手作りごはんに以降してそろそろ3年?4年目?くらい。 今まで、わんごはんについて思うことを綴ってきたけれど、栄養バランスの疑問をいただいたので、改めてわたしの考えをまとめてみようかなと…

人もわんこも体内の冷えは大敵。体の中から温める生姜の力。

Instagramでは、記録も兼ねて、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の日々のごはんをちょこちょことアップしています。 【まゆえのInstadram】Mayue Katsuragi • Instagram photos and videos 冬場は、ジンジャーごはんとしてよく取り入れていた生姜を、この時期…

わんこと一緒に食べるおやつ、豆乳寒天

夏場の定番おやつ、豆乳寒天を作りました。 通常レシピでよく見かけるのは牛乳寒天だと思うのだけど、牛乳はわんこによっては消化が得意でないこともあります。 そのため、我が家ではもっぱら豆乳を使用。 寒天以外にも本葛粉を入れて豆乳葛練りにしたり、豆…

わんこの食欲がない時。ごはんを食べてもらうには。

実家の母からのヘルプコール。わんこがごはんを食べない時の対処法。 注…ここでの「ごはんを食べない」時とは、好き嫌いや食べないともっと美味しいものが出てくる…といった場合の「ごはんを食べない」ではなく、なんらかの要因で食欲が落ちてしまって「ごは…

いつもと違う様子に気づくこと。わんこたちは意外と敏感。

先日、母よりヘルプコール。 実家にいるわんこ10歳が全くごはんを食べなくてどうしたらいい?と。 お正月に会ったときは、まるっとしていてダイエット宣言を動物病院で言い渡されていた実家わんこ。 突然食べなくなって、体重もガクッと減ってしまい、何かの…

ドッグフードと手作りごはん、どっちがいいの?

先日開催した「わんこのホームアロマ」 ワークショップでは、まずは生活自体だったり、食べるものだったりが大事、というお話をしたせいか、ドッグフードと手作りごはんどちらがいいのか?といった質問も飛び出しました。 結論からいうと、どちらがいい悪い…

わんこと暮らすということ

以前、家族に迎えるわんこの出身は、ペットショップでもブリーダーでも保護団体からでも、どこから迎えてもホントはいい。 そんなことを記事にしました。 【過去記事】わんこを家族に迎えるということ それの考え方は今でも変わっていなくて、「もうこれはウ…

わんこから学ぶ〜日々の様子を見極めること

ちょうど10日ほど前のこと。 蘇芳(すおう)の歩き方がおかしい、と思ったことがありました。 その時は時間にしてせいぜい1〜2分の出来事で、気のせいかな?と思ったくらい。 けれど、翌日も蘇芳(すおう)の歩き方がやっぱりおかしい。 ずっとおかしいわけ…

ウチのコの幸せを一番に考える、それは飼い主にしかできないこと

お誘いいただいて蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)と、新中野にあるドッグカフェ・そら〜ずへ。 3月4月はちょっと忙しかったので、こちらへ行くのもお久しぶり。 【訪問記事】店内わんこOK♪お祝いケーキもオーダーできる"Terrie's Dog Cageそら〜ず"@新中野 …

毎日のお楽しみ、ごはんタイムをもっと楽しみに〜わんごはんという選択肢

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)がことあるごとに自慢する我が家のわんごはん。 基本毎日365日作ることが、わたしの日常になっています。 冷蔵庫にあるもので、余裕のあるときに下ごしらえもして、なるべく毎日作るのに負担がないように工夫することは、家族…

「大好き♡」「幸せ♪」を積み重ねていきたい

天秤座の満月だった昨日。 我が家の末っコ・真赭(ますほ)の6歳のお誕生日でした。 お腹の調子がイマイチなので、ケーキではなくりんご煮と水切りヨーグルトでお祝い 6年前の3.11のときには、お母さんわんこのお腹にいて、あの地震を体験した真赭(ますほ)…

日々の暮らしの中で持っていると便利なエッセンシャルオイルたち

我が家では、doTERRA社のエッセンシャルオイルを愛用しています。基本の知識を知って正しく使えば、わたしたち人にもわんこたちにもその恩恵が齎される。 持っていれば、リラックスにも不調のケアにも幅広く使えるので、ドラッグストアで買う市販薬が必要な…

お家でつくるごはんは家族の健康を想い、愛情を伝えるもの

ようやく入手して、数日前から『一汁一菜でよいという提案』(土井善晴・著)を読んでいます。 まだ4分の1ほど読み進めたところなのだけど、わんこのごはんも一緒だなあ…と思う部分がすでにいくつも。 家庭料理は、毎日食べるもの。 豪華なハレの料理ではな…